コンビニに買い物に行ったついでにジャンプを立ち読みしてNARUTOを読んでみました。買ってもいない立ち読みなのに文句をつけられる筋合いもないかもしれませんが、全然話についていかなかったです。本当にちゃんと終わらせてくれるんでしょうか岸本先生。

カグヤとかいうキャラクターとの戦いがもう一ヶ月は続いていると思いますが、この期に及んでそんなキャラを出したり、ナルトやサスケのの出生について新設定を持ち出す必要があったとは思えません。オビトがやられたっぽいですが、あれだけ強敵として何ヶ月も立ちはだかった割にはこれで終わりだとあまりにもあっけないです。場当たり的な方法ではなく、十年以上続いてきた物語をどうすれば綺麗にたたむことができるのかを大局的に考えてほしいものですが、あまり期待できそうにありません。

NARUTOにせよONE PIECEにせよBLEACHにせよ、ジャンプで連載が50巻以上続いている漫画が複数あるのは異常としかいいようがありません。しかもそれだけの長さに見合った中身が果たしてあるのかどうか甚だ疑問です。もし連載が終わったとして、それぞれの作者にまったく新しい漫画を描く力はあるんでしょうか。編集側にも、引き伸ばさせてばかりで、漫画家を育てて漫画を作り上げていくという意識がないのではないでしょうか。こんな看板漫画一本頼み(BLEACHはもう今は崖っぷちですが)のやり方は、作者だけでなく、ジャンプという雑誌そのものが抱えている問題だと思います。