ジャンプ50号を購入し、699話と最終回である700話をざっと読み終えました。その感想は後ほど書くとしまして、ジャンプの裏表紙に今秋公開の映画、『THE LAST』の一面広告が載っていました。映画公式HPアンケートの声がびっしり載っていて、その中には「NARUTOは人生の教科書です!」などという文が大きく赤文字で書いてあるものがありました。どこまで正気で言っているのか、そもそもそんなことを投稿した人が本当に存在するのかはわかりませんが、なにをおおげさなと。当のナルトだって、火影への近道など存在しないと1巻で言っていたように、人生に教科書なんてあるはずがないのです。自分でつかみとっていかなければならない。
冗談であろうとこういう安易な、カルト宗教の信者のようなコメントを書く人は、熱烈なNARUTOファンのようで、本当はNARUTOをよく読んでいないのではないでしょうか。しかも売りたさにこんな文を載せる方も罪作りな大人だと思いました。